不要不急な外出を控える要請がでている中、こどもたちとの過ごし方を改めて考えるように。

不要不急な外出を控える要請がでている中、こどもたちとの過ごし方を改めて考えるように。
こどもの気づきや経験などから、成長につながる機会をたくさんつくってあげたいです。
と思いながら、年中になる娘と作った鯉のぼりとヘビを制作。材料はトイレットペーパー芯とダンボールと竹串と折り紙。懐かしい図工の時間に^ ^
91358046_2741483645928904_487945595206500352_n

6組に1組のカップルが妊娠できずに悩んでいる妊活問題。

もはや社会問題でもあると感じてます。かくいう私も思う通り子どもを授からず辛い経験をしてきました。そんな社会課題をスタートアップとして解決に向けて取り組んでいる石川さんをお招きしました!
当日は参加される皆さんとも色々なエピソードも含めてお話したいですね。

12/16、第27回イチロクカンファレンス「先輩スタートアップから学ぶ急成長の秘訣」を開催します!!

タイトルは、「妊活・不妊を社会全体でサポート!多数のピボットを繰り返しながら見えてきたサービスのあり方」

ゲストは、株式会社ファミワン 代表取締役CEO石川 勇介 (Yusuke Ishikawa) さんです!

スタートアップを目指している方はもちろん、既に企業を経営されている方、これから創業しようとしている方必見です!!

日時:12月16日(月)
時間:19:00〜(受付18:30〜)
スタート、トークセッション
「先輩スタートアップから学ぶ急成長の秘訣」
20:10〜 ネットワーキング
場所:16 Startups
(横須賀市小川町19-5 富士ビル3F)
参加費:なし(懇親会参加の方は2000円)
定員:50名 ※先着順

イチロクカンファレンスは、定期的に毎月開催していきます!
5名のイノベーターに登壇→先輩スタートアップによるセミナーを毎月交互に開催!次回はみんなの前でプレゼンしたい!と言う方も、ぜひお越しください!

———-

石川氏略歴
1982年、愛知県犬山市出身。自身の妊活で強く感じた課題を解決するため、2015年に株式会社ファミワンを創業。前職の国内最大級の医師向け情報提供企業のエムスリーでは、新規事業「AskDoctors評価・開発支援サービス」の担当として企画、営業、運用まで全て実施。優しい長男と元気な長女の二児の父。家庭では土日の料理、ゴミ捨て、洗濯担当。妻には頭があがらない。
https://famione.com/

https://www.facebook.com/events/520520738542755/

妊活に取り組む夫婦、妊活や不妊治療の経験者、専門家がともにささえあう社会をつくる。これが私たちの目指すビジョンです。

 

FAMIONE.COM
妊活に取り組む夫婦、妊活や不妊治療の経験者、専門家がともにささえあう社会をつくる。これが私たちの目指すビジョンです。

本会議での一般質問を終えました。

市長の答弁としては、ほとんどの項目で前に進めていく答弁をいただきました!!これから施策実施も含めてしっかりと注目していきたいと思います!

今回の一般質問を準備していく上で重視していたのは【現場の声】です。どうしても政治的・政策的に判断することも多いですが、その判断をする前に、いかに現場の利用者の声・事業者の声、そして職員の声を聞くかが重要です。今回の一般質問では、その現場の声が大きく参考になったと実感しています。

今回の質問内容は、大枠で以下の通りです。
1、親子の居場所「愛らんど」の機能拡充により子育てしやすいまちへ
・田浦の愛らんどにも子育てアドバイザーを配置すべき
・離乳食と一緒に親も食事できるスペースを確保すべき
2、妊活(不妊治療)支援を行政から積極的に取り組む具体策
・配慮ある「妊活休暇制度」を設けるべき
・プライバシーが守られるよう制度設計すべき
3、市民協働モデル事業としての、小学校での環境教育の継続実施について
・来年度予算でも組み込むべき
・市民協働モデル事業の支援体制を強化してくべき

▼嘉山淳平発言通告
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/…/do…/kayama190919.pdf

71075777_2349687181775221_2105358119134560256_o

明日は議会で市長と教育長に一般質問!

内容(大きな柱)は以下の通りです。
1、親子の居場所「愛らんど」の機能拡充により子育てしやすいまちへ
2、妊活(不妊治療)支援を行政から積極的に取り組む具体策
3、市民協働モデル事業としての、小学校での環境教育の継続実施について

▼嘉山淳平発言通告
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/…/do…/kayama190919.pdf

▼9月議会で一般質問する議員の発言通告はこちら
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/…/…/speach_notice.html

▼議会中継はこちらから
https://smart.discussvision.net/sm…/tenant/yokosuka/WebView/

傍聴はどなたでもできますので、ご都合つく方はぜひいらしてください!
※画像は昨年の一般質問の時のものです。

71198561_2347699925307280_8968933969466753024_n

横須賀の子育て広場「愛らんど」を6ヶ所すべて視察してきました!

愛らんどとは、妊産婦さんやパパ、ママたちの出会いの場、0歳~未就園児(おおむね3歳)の親子でゆっくりくつろげるフリースペースです。
今回全箇所回ってみて、施設ごとに地域性や広さなどの差はあるものの、予想以上に利用される方が多くて正直驚きました。私もこれまで各地域に親子の居場所の必要性や機能拡充について議論を重ねてきましたが、既存の愛らんどを利用される方からもヒアリングをしたところ、愛らんどはありがたいという声が非常に多く、利用者の満足度は高いように見受けられました。
一方で、使い勝手や課題についても教えていただきました。
それは、
・離乳食は食べさせられるけど、大人は食事ができない
・愛らんど田浦にだけアドバイザーがいない
・青少年の家や健康福祉センター、行政センターのプレイルームなどが縦割り
など
私も3歳の娘と生活している中で、親子の居場所や子育て支援のあり方については、当事者として前に進めていきたいと考えています。
良いところは伸ばして、改善するところは改善する。皆さんの声を形にして、子育てしやすいまちにしていきます。

67689556_2264740513603222_2689198724764139520_o

残り10時間ちょっと!!

横須賀の地域の中で、子育て世代が増えつつある久里浜にて、sukasuka-ippoさんが託児所を開設するチャレンジをされます。

そのsukasuka-ippoさん、地域の皆さんから支えていただきたい想いから、クラウドファンディングに挑戦していて、達成に向けて今日まで残り10時間で切羽詰まっている状況です。

可能な範囲で構いませんので、sukasuka-ippoさんの取り組みを地域で支えていければと!皆さんからのご協力よろしくお願いいたします!

地域の商店街に障害のある子もない子も安心して預けられる託児所を作りたい!

fullsizeoutput_206

11/29 一般質問を経て、市長の子育てへの考え方に愕然としました。

市長の子育てへの考え方に愕然としました。

本日、本会議の一般質問において、親子の居場所、特に雨が降ったときでも遊ぶことができる室内あそび場が横須賀にないことから、整備していくべきと質問したところ、「軒下で遊んでいればいいのでは。」という答弁。。。

典型的な昭和的感覚。。。
時代や社会情勢によってニーズは変化していくもの。
子育て世代のニーズも同様です。

質問内容でも、他都市が整備している「子育て支援センター」の事例や、横浜の「こどもログハウス」の事例なども説明した上で議論していたにもかかわらず、「ハード的な整備についてはあまり理解できない」という趣旨の答弁もありました。

子育て世代を代弁して議論しているにもかかわらず、市長がそのニーズすら理解しようとする姿勢すら無いことにがっかりしました。

もっと子育て世代の意見を、まちづくりに取り込まなきゃ。
まちづくりに私たちの声を広げ実現させていかなきゃ。
と危機感すら覚えました。

愕然としつつも燃えてきました。

そんな議会での議論がありました。

IMG_9796

10/14 長岡市の子育ての駅「てくてく」

先日、都市問題会議というシンポジウム後、急遽ではありましたが、長岡の子育ての駅とも言われる「てくてく」を見学させていただきました!(閉館間際^^;)

このてくてくは、2haもある外の芝広場と「まる・さんかく・しかく」のとっても広い室内遊び場を備えた子育て支援施設。
加えて保育士や子育てコンシェルジュ、助産師、保健師、栄養士、看護師、歯科衛生士、家庭児童相談員、先輩ママたちが在籍しているので、子育てに関する不安や悩みを打ち明けることができます。一時保育も受け入れており、まさに理想のサービス提供。

閉館間際だったにもかかわらず、たくさんの親子が遊んでいました。保育園から直行でここに来る人たちも多いとのこと。中には毎日来ている人も^^

こういった”親子が滞在・交流できる拠点”というのは、核家族が増えている社会情勢の中で、必要性が高まっていると感じています。
横須賀にも全天候型の親子がのびのび遊べて滞在できる居場所がもっと欲しい!!と切に感じています。本来、各地域でそういった親子拠点があるのが理想的とも考えています。

同僚議員の洋次郎さんもタイトすぎるスケジュールに付き合っていただきました^^

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)、バスケットボールコート
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:バスケットボールコート、室内

9/28 子育てアイディアソン開催!

今日の夜は、子育てに関する統計を活用した「子育てアイディアソン」を開催します!
https://www.facebook.com/events/2138813986446568/

今回、活用するデータは、市が公開しているオープンデータの中でも、データ元の数値も含んだオープン生データを扱っていきます。
データ大好きのマーケターや統計官も大歓迎!もちろんITスキルを活かしたい!という方も、ITスキルが無くても、普段感じていることや、こうなったらいいなというアイディアも形になるかもしれませんので、どなたでもご参加お待ちしております!

<概要>
日程:9月28日(金)
時間:19:00-21:00 アイディアソン(受付18:30-)
21:00-22:00 懇親会
場所:16Startups(横須賀市小川町19-5 3F)
参加費:無料、懇親会参加者は2,000円

共催:Code for Yokosuka、16Startups