緊急事態宣言解除にあたってのお知らせ

2020. 05. 25

横須賀市から、緊急事態宣言解除にあたってのお知らせとお願いが発表されました。
市の施設や事業そして学校の再開について、3つのステップとして段階的に再開していく方針です。
【休止施設の段階的な再開について】
ステップ1:手軽に余暇や軽度な運動を個人や少人数で楽しんでいただく、図書館や博物館、公園で、市民のみの利用を念頭にして、6月1日から再開します。
屋外の運動公園施設の一部を本市の中学生以上を対象に無料開放し、長井海の手公園(ソレイユ)と久里浜花の国については、市民限定で5月30日から開放します。
ステップ2:主に事前予約が必要でグループでの利用が多い、コミュニティセンターや一部を除いた運動施設などです。これらの施設は7月1日から再開とします。
※ステップ1・2ともに、準備が整う施設は、6月1日や7月1日を待たずに開放していきます。具体的に、各施設がいつから再開するかは、ホームページ等で確認いただければと思います。
ステップ3:集客的な要素がある猿島や美術館、これまでに国内でクラスターが発生した施設であるトレーニングルーム、感染防護策の実施が難しい市営プールなどです。
市主催の事業は、これまで感染予防の観点から休止していた、乳幼児健診など健康や福祉に関する事業を、順次、再開していきます。
一方で、市が主催する大規模イベントのうち、しっかりとした感染防止策を講じることが難しかったり、感染防止策を講じての実施では開催の意味が薄れてしまうようなものについては、今年の年末実施分までのものは中止といたします。
※詳細は横須賀市HPをご確認ください。
▼休止施設の段階的な再開について
【市立学校における臨時休業後の学校再開方針について】
学校の再開にあたっては、子どもたちの安全・安心の確保を最優先に、授業を段階的に実施していくこととしました。
第一段階:6月1日から19日までとし、分散登校、半日授業、給食なしとします。
第二段階:6月22日から30日までとし、全員が登校し、短縮授業ではありますが、午後まで授業を行い給食も開始します。
第三段階:7月1日以降として、これまでと同じ通常の学校生活とします。
※詳細は横須賀市HPをご確認ください。
▼市立学校における臨時休業後の学校再開方針について
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/…/20200525gakkousaika…
しかしながら、新型コロナウイルス感染症は完全に終息したわけではありませんので、引き続き感染拡大防止には気をつけながら生活していく必要があります。
100694739_710405349501145_8093837943434641408_n 100528738_710405299501150_8533081920924286976_n