2/20 横須賀市の28年度「妊活支援」事業、神奈川新聞にも掲載されました。

2/20付けの神奈川新聞の記事にも掲載されましたが、

平成28年度予算にて、行政として「妊活支援」をおこなっていく事業が予算として計上されました。

IMG_2653

このブログをご覧いただいている方にはぜひ理解してもらいたいので説明させていただくと、

これまで市として出産・子育て支援はおこなってきましたが、そこには忘れられている層がありました。

それは、結婚・妊娠期で頭を悩んでいる方々がたくさんいるということ

特に妊娠できずに悩んでいる人たちは、誰に相談してよいかわからないし、声をあげることもできずにいます。

少子化対策とはいいながら、産後と子育てしか支援してこなかったことが残念でなりません。

 

これまで少子化に歯止めがかからず、合計特殊出生率の推移を見ても、本誌は全国平均よりも下回っています。

合計特殊出生率グラフ

※上記のグラフは、合計特殊出生率の推移をまとめたグラフです。(嘉山作成)

平成26年には2660人の出生数となり、約40年前と比較すると、生まれてくる子どもの数が6割も減っている状況があります。また、合計特殊出生率においては、平成24年の統計では、全国では1.41に対し、神奈川県では1.30、本市は1.25という。全国・神奈川平均よりも低い数値となっている状況です。

前回の議会報告書よこすかドットジェイピーにも記載させていただきました。

12/4 議会報告資料【横須賀の出生率が全国平均を下回る】

 

 

ちなみに、国立社会保障・人口問題研究所の統計によると、不妊治療や検査を経験した夫婦は6組に1組もいるとのこと。

そこから、治療には至らずとも妊娠できずに悩んでいる夫婦の組数はもっと多いことが推測できます。

本市内においても、特定不妊治療費助成を受けている件数は、下図にもある通りここ数年増加している状況があります。

特定不妊治療等件数

※横須賀市 特定不妊治療等件数(嘉山作成)

上記のような状況から、声をあげられずに悩み困っている人たちに対して、

まずは”理解”と”配慮”が必要なのではないかと私は考えます。

「まだ子どもできないの?」という言葉も、悩んでいる人からみたら苦痛です。もちろんそれが気遣ってあげたつもりでも。

12/4 議会報告資料【6組に1組以上が悩んでいる】

 

 

そこから、今回の「ハッピーマイプラン」事業については、おおいに期待したいところです。

男女を対象とした特定不妊治療と不育症治療に対する費用も拡充していきます。

加えて、そういった内容や、相談窓口、診てもらえるクリニックなどの”情報提供”も併せておこなっていく方針です。

不妊治療という呼び方だけでもネガティブに考える人も多いかもしれませんが、よりポジティブに考えて「妊活」という表現を使っていきたいと思います。

そのような理解のある表現で記事を書いてくれた神奈川新聞社の織田記者にも感謝したいと思います。

▼カナロコ 横須賀市が「妊活」事業
http://www.kanaloco.jp/article/153873

今後これが、妊活していく人たちにとって、少しでも行政からの後押しになれば幸いに思います。

また、感じたことがありましたら、どんどんご意見ください。

もしお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談くださいね。

2/21 民泊全体会議 ※受け入れ家庭募集中!

今日は長井民泊の全体会議に参加してます。

冒頭、JTBのお二人が異動するという報告が。

これまで立ち上げから4年近くいっしょに活動し、受け入れ家庭の全員ともリレーション取れていたのに非常に残念。

協議会としてJTBに頼りすぎず、地元でより一層動いていかなければ!

2016年は12校が民泊に来ることが決定しており、すでに2017年は11校の予約が入っています。

受け入れ家庭も絶賛大募集ですので、長井あるいは西地区で受け入れたい!という方はぜひご連絡ください^^

IMG_2670

2/17 横須賀市議会、28年度予算を審査する第1回定例会スタート!

昨日より、横須賀市議会、第1回定例会がスタートしました!

screenshot sigikai

28年度予算を審査する重要な議会です。
昨日の本会議では、
会期の決定、選挙管理委員の選挙、市長からの施政方針演説等などがおこなわれました。

今回の議会での鍵は、地方創生における本市としての具体策をどれだけ現場レベルで実行し、活発化させていくかが鍵となると考えています。しっかりと現場とリンクしていきながら、現場の動きをコーディネートしていく施策になるよう議論していきたいと思います。

▼横須賀市議会HP 開催スケジュール
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/7860/council/kaigi_iinkai/sche.html
詳細日程はこちらからご覧ください。
以下、日程を転載しておきますね。傍聴はどなたでも可能です。

  • 2月17日 議会運営委員会 10時00分〜
  • 2月17日 本会議 14時00分〜
  • 2月18日 教育福祉常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 2月18日 都市整備常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 2月19日 総務常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 2月19日 生活環境常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 2月22日 第1回定例会予備日
  • 2月23日 予算決算常任委員会理事会10時00分~
  • 2月23日 予算決算常任委員会11時00分~
  • 2月23日 吉田市長の不透明な市政運営に関する調査特別委員会13時00分~
  • 2月24日 議会運営委員会10時00分~
  • 2月24日 議会制度検討会13時00分~
  • 2月25日 第1回定例会本会議10時00分~
  • 2月26日 第1回定例会本会議10時00分~
  • 2月29日 第1回定例会本会議10時00分~
  • 3月1日 第1回定例会本会議10時00分~
  • 3月2日 横須賀市観光立市推進特別委員会10時00分~
  • 3月2日 吉田市長の不透明な市政運営に関する調査特別委員会13時00分~
  • 3月3日 第1回定例会予備日
  • 3月4日 教育福祉常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月4日 都市整備常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月7日 総務常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月7日 生活環境常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月8日 教育福祉常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月8日 都市整備常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月9日 総務常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月9日 生活環境常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月10日 教育福祉常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月10日 都市整備常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月11日 総務常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月11日 生活環境常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月14日 第1回定例会予備日(午後)
  • 3月15日 教育福祉常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月15日 都市整備常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月16日 総務常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月16日 生活環境常任委員会(予決算分科会)10時00分~
  • 3月17日 第1回定例会予備日(午後)
  • 3月18日 第1回定例会予備日(午後)
  • 3月23日 予算決算常任委員会理事会10時00分~
  • 3月23日 予算決算常任委員会11時00分~
  • 3月23日 議会報告会等準備会13時30分~
  • 3月24日 第1回定例会予備日
  • 3月25日 議会運営委員会10時00分~
  • 3月25日 第1回定例会本会議14時00分~
  • 4月8日 議会報告会等準備会10時00分~
  • 4月11日 市議会だより編集委員会10時00分~

 

2/1 『政策立案にオープンデータをどう活かすか?』横浜市×アクセンチュアの包括連携協定から

今日はアクセンチュア@みなとみらいにて、議員対象の研修会に参加。

2ヶ月前の12月頭に、横浜市とアクセンチュアが「オープンイノベーションの取組に関する包括連携協定」を結んだことを興味深く思っていました。

そこから、かながわオープンデータ推進地方議員研究会が今日のイベント『政策立案にオープンデータをどう活かすか?』を開催していただいたことを知り、参加することとなりました。

もともと私としても、選挙の公約プロジェクトとして掲げていたこともあり、横須賀市でも取り組みを進めていこうと思っています。

▼ビッグデータを活用したまちづくり
http://junpeikayama.com/project#project2

 

内容は、アクセンチュアのお二人に事例を中心にお話しいただきました。

まずは「データサイエンスによる自治体改革~ニューヨークブルームバーグ市政の実践から」というテーマ。

以下、メモとして載せさせてもらうと、、、

▼事例その1
ニューヨーク市警察局は犯罪データを可視化と予測することにより、犯罪件数を激減
殺人発生数を約58%減させた。
・犯罪ピンマップ:リアルタイムで見える化し、捜査員最適配備
・被害者抽出:市内6000台のカメラで被害者をパターン認識
・追尾システム:16億のライセンス情報を蓄積し、自動追尾
▼事例その2
ニューヨーク市では、定量的な学校評価を用いた教育改革で質を改善し、高校退学率の減少に成功
退学率を20.4%〜10.6%へ改善。
・成果測定:学業成果、成長度、学校環境の集計とレポーティング
・インプット:保護者、生徒、教員へ学習環境に関する聞き取り調査
・要因の把握:外部の専門評価員による訪問調査による、実装状況評価

 

IMG_2490

ビッグデータにおいては、データを集計すると膨大な量のデータが出てくる。
そのデータたちをどういった軸と横串でセグメントかけていくかが大事。
さらにプロットしていったデータの中でも、どこを選択して改善・解決させていくか決める。
効果の80%を20%の施策が導出していける選択と集中が、成功の鍵を握るということ。
それには、経験と勘に加えた科学的アプローチが必要。
 経験と勘×データ
    ➕
  選択×集中
    =
 効率的に高品質なサービス!

 

IMG_2493

次に、「データを活用したオープンイノベーション~横浜市との連携協定を中心に」というテーマでお話しいただきました。
これまで、Local Goodという取り組みから、
GPSと連携した地域課題抽出し、自分の意見が地図上にプロットされるような3Dデータを作成したとのこと。
それにより、プロジェクト起案者と市民がマッチングできるシステムができた。
また、地域課題を地域の住民や民間が中心となって解決していくスキームを構築していくため、ローカルグッドの取り組みを発展させていく必要があるとのこと。
▼ローカルグッド発展に向けたチャレンジ
【その1】資金調達ポートフォリオの多様化
【その2】エコシステムとして自走する仕掛けづくり
【その3】創発的イノベーションを誘発するファシリテーター育成
※もっと具体的に知りたい!話したい!という方は、直接嘉山までご連絡ください。
今回参加させてもらったことにより、行政と民間とのデータ共有し、そこから地域課題解決に向けたアクションを起こしていくスキームを多少なりとも学ぶことができました。
ただし、注意しなければならないのは、データだけでは真の課題を把握することはできず、アクションだけでも効果的な施策の展開は難しいということ。
いかに効率的かつ効果的にデータを抽出し、そしてそのデータから地域課題を分析することができるか。
さらには、その地域課題に対して、効果検証も含めておこなうことができ、各ステークホルダーと連携しながら進めていくことができるスキームを構築していかなければなりません。
つまり、先ほども記載した「経験と勘 × データ」が大事ということですね。

1/31 地域全体で防災訓練!町内会や中学生、消防団、市職員も。

昨日は長井地域において、防災訓練をおこないました。

各町内会128名、
防災部会員12名、
先生4名
中学生22名、
市職員6名 、
操法実演消防団20名、
合計172名もの方々が参加されました!

IMG_2463

まずは各町内から中学校へ避難訓練として歩いて集合。

そこから、どの町内会がどれくらいの時間・人数で到着したかを確認しました。

IMG_2462

そして火災になったことを想定し、普段から訓練している消防団の操法を見てもらいました。

特に自動車ポンプを有する31分団は昨年の操法大会で優勝しています。

IMG_2471

その後は防災倉庫の中身を確認。

町内会長以外、ほとんどの方が防災倉庫の中を見たことないと思います。

いざとなったときに町内会長がいるとは限らないので、多くの方々がこれらの使い方・運用の仕方を把握しておくことは重要です。

IMG_2481

次に、体育館に集合し、市の職員からレクチャーを受けました。

防災倉庫の鍵の開け方、そしてその中にある道具などの使い方などなど。

IMG_2482

今回のように、町内会から多くの方々に参加してもらい、地域全体で防災訓練をおこなうことは非常に大事です。なぜなら、いざとなったとき、どのように行動すればよいか把握できる人を一人でも増やすことで、迅速かつ幅広く避難所設置等をおこなうことができるからです。

これを毎年恒例のイベントとしておこない、様々な団体・関係者から参加者を募ることで、理解を広げることが可能となります。

1/27  陸上自衛隊高等工科学校を見学。

西地区の自衛隊協力会で、自衛隊武山駐屯地内にある「高等工科学校」を見学させていただきました。

西地区の中心、御幸が浜に位置する陸上自衛隊高等工科学校。

一般教育はもちろん、電子や工学などの専門教育、そして防衛基礎学など、特有のカリキュラムが組まれています。

正門にそびえ立つホールも最近新しく建てられたばかり。

IMG_2384

移動中、広場でほふく前進をしている生徒達や、マラソン訓練している生徒達も。

皆、必死になり訓練している姿を見させてもらいました。

IMG_2385

そしてお昼には、毎週水曜日に出されている「陸軍カレー」をいただきました。

ネーミングは海軍カレーから由来しているものなのか。

ボリュームも満点。生徒達はこの2〜3倍ものカレーを食べていました^^;

IMG_2386

日本を守っていく仕事を担う青年達、この横須賀の西地区の地域で存分に心も体も大いに成長していってほしいと思います!

1/21 農作物被害を防げ!アライグマ・タイワンリス・イノシシ研究。農業委員会

昨日は農業委員会の研修会がおこなわれました。

三浦半島の葉山・三浦・横須賀の農業委員が集まりました。

内容は、農業委員会で作物被害を防ぐことを主眼においた、アライグマ・タイワンリス・イノシシ等の生態系調査報告・対策についてです。

葉山ではすでにイノシシによる農作物被害が出ており、今後三浦半島を横断・南下してくるだろうと予測されています。

農作物の被害を防ぐこともそうですが、生態系を守っていくためにも対策をとらなければいけません。アライグマやタイワンリス・イノシシなどは、トウキョウサンショウウオなどの絶滅危惧種を捕食するという報告もあります。

自然環境を保全していくための対策を、横須賀だけでなく、三浦半島横断して講じていかなければいけません。

IMG_2321

1/9 市政報告会を実施しました!「まちのプロデューサーを目指して」横須賀市議会議員嘉山淳平

1/9に、わたくし嘉山淳平の「市政報告会・新春のつどい」を開催させていただきました!

内容は、市議会議員 嘉山淳平としての「議会と現場での活動報告」です。

G17A9812

2015年の1年間の活動として、どのような報告をしたかというと、

4月の横須賀市議会議員選挙はまずは大きなポイント。
大勢のみなさんの協力により、実施することができた”ポスター貼り1番チャレンジ“や、”ランニングで移動して選挙をおこなった”ことや、”至るところで街頭演説“などおこなったりしました。

4/19 ポスター貼り

 

4/25 最終日、各所で街頭演説

 

そして、私は”議会と現場”の両方で活動していくことが、一番横須賀が動いていくことと実感しているため、議会での新会派立ち上げについてや、本会議での一般質問、各委員会での議論についてご報告しました。

5/17 「無所属みらい」

また、現場の動きとして、選挙の際、公約プロジェクトとして掲げ、この1年で実施してきた取り組みについて報告しました。

よこすかドットジェイピーVol.24 特別号

 

たとえば、コミュニティデザインという手法を活用した、「地域の公園は地域でつくるプロジェクト」。その第一弾としての長井富浦公園植樹イベントについてもご報告させていただきました。

 

10/24 「長井桜プロジェクト」【植樹イベント】を開催!

 

その他、嘉山淳平としてのビジョン、そしてたくさんの皆さんと取り組んでいきたいことをお話しさせていただきました。それらのビジョンや取り組んでいきたいことを知りたい方は、直接ご連絡くださいね。喜んでお話しさせていただきます。もちろんご協力いただくこと前提になりますがw

HPにもほんの一部掲載していますので、こちらもご覧いただけると嬉しく思います。

プロジェクト/政策

 

引き続き、議会と現場の両方で動き、横須賀の活性化に向けて結果を出していきたいと思います!!

 

また、学生インターンも大活躍!全員の前で活動発表もしてもらいました。

 

DSCF1518

※現在インターン募集しておりますので、ご興味ある方はこちらをご覧いただき、フォームからご連絡ください。

 

長文に加え多くのリンクを貼らせていただきましたが、最後までご覧いただきありがとうございました!

引き続きよろしくお願いいたします。

 

横須賀市議会議員 嘉山淳平

12/22 横須賀市都市計画審議会に参加。マスタープラン改定について、西地区について意見してきました。

先日、私が都市整備常任委員会の副委員長として参加している、都市計画審議会に出席してきました。

議案は、「横須賀市都市計画マスタープラン」の改定について。

もう一つは、農地である農業振興地域の市内2箇所を変更する議案でした。

IMG_2033

特に「横須賀市都市計画マスタープラン」の改定については、今回の審議会の中で市内各地域ごとに拠点としたときに、その拠点の方向性を示した内容について説明がありました。

詳細はこちらをご覧ください。
▼横須賀市HP 都市計画マスタープランの改定について
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4805/tokei/tosimasu/ttoshi.html

私からは、「西地域の方向性について」質問と確認をしてきました。

マスタープランの中には、長井地域と大楠地域に「リゾート的な環境がある」と記載されていました。その「リゾート」から想像できるイメージは、”リゾートマンション”や”リゾートホテル”などのまるでバブル期そのもの。それらの建物はバブル期に一気に建設され、景気が悪くなったとたんに廃墟となっている事例を私はこれまでいくつも見てきました。

いくら住民を増やしたいと言っても、そんなリゾートマンションなど西地区に建設してまで人口を増やしたいとは私は思いません。

西地区が持つ素晴らしい点は”自然環境が豊か”ということと、”農業・漁業がさかん”だということ。そういった文言をマスタープランにも掲載しているにもかかわらず、それをリゾートと表現することは私は理解できませんでした。

上記の内容の質問と確認をし、西地区としての意見を述べさせてもらいました。

この都市計画マスタープランは、行政にとって方向性を示す上で重要な計画であるけれど、そこに住民はどこまで参画できているのか、疑問に感じる部分もあります。

このマスタープランを策定していくベースは、行政がおこなっている事業ベースではなく、住民の方々が生活・活動していることを参考にしながら、行政としての計画という網かけをしていくものでなければいけません。

そういった現場サイドの動き、そして声を大切にしていきながら、10年先、20年先を見据えて議論していきます。

12/4 空きスペース紹介サイトに 猿島の活用を掲載!

【空きスペース紹介サイトに 猿島の活用を掲載!】

猿島への観光客の数は、夏場こそ増えているものの、冬は閑散期となっています。

そこで、空きスペース紹介サイトを運営している民間企業と連携し、掲載してもらうことで、集客の増を図っていくことが決まりました!

空きスペース紹介サイトは最近非常に注目されています。

今後、行政が様々な施設を運用している中で、時期・曜日や時間帯によって使われていない遊休施設を活用していくことが今後、資源の有効活用につながると感じています。

ura3

▼嘉山淳平Facebookページ
https://www.facebook.com/kayama.jp/