header_service
3/6 防災への意識啓発「市民安心・安全カレンダー」「防災情報メール」ご存知ですか?
2017年3月15日

現在、来年度予算を審議する議会の真っ只中。

今年度は、私は生活環境常任委員会に所属しております。

生活環境2screenshot

細部に渡り予算を審査していくので、1部局ずつ時間を割いてもらい税金の使い道について、議論します。

3/6におこなわれた委員会では、市民安全部と市民部の予算について審査となりました。

議論は多岐に渡りますが、

例えば身近な話題で言えば、近年市民の皆さんから好評をもらっている「市民安心・安全カレンダー」について。

安心安全カレンダーscreenshot

このカレンダーは、実は20,000部しか発行されておらず、すぐに在庫切れになってしまいます。

カレンダー2screenshot

このような情報がカレンダーの上部に記載されています。

他の部局が発行する冊子などは全戸配布などで170,000部など印刷するケースもよくある中で、非常に少ない。カレンダーですので、各家庭でトイレや玄関など、毎日目にしながら、防災意識を高めることにつながることから、私は増刷するための予算増加しても良いと考えています。

 

また、よく警報などが出た際に「防災無線」を鳴らしますが、その防災無線の音が聞こえない。という声もよく聞きます。

防災メール」というサービスを以前から実施しており、防災無線と同じ内容を、メールでお知らせしてくれる機能です。これなら戸を閉めていても、外出していても把握することができます。

▼横須賀市 防災情報メールサービス
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2005/bousainavi/sonae/jouhou/bousaimail.html

その防災メールの登録件数についてや、Yahoo!との連携などもおこなっていることから、もっと市民の皆さんに意識啓発していくべきという議論もおこないました。

 

行政として、実は良いサービスをおこなっていても、市民の方々にはあまり知られていないものも多々あります。

とてももったいないと同時に、知られていなければ税金の無駄にもなってしまいます。

そのための”伝えていく”作業ももっとおこなっていかなければいけません。(もちろん方向性を改めなければならない事業もありますが。)

加えて、根本的に、市民の皆さんに効果的かつ効率的に行政サービスが行き届いているか、税金が還元されているかについては、引き続きしっかりとチェックしていきたいと思います。